TOP > Project > CUP2014

他のチームとの絶対的な違いをデザインで…

2013年から「CREF MOTORSPORT」として参戦するPORSCHE CUP CHALLENGE JAPAN。ドライバーでありチームオーナーでもあるMasa TAGA氏からのオーダーは『他のポルシェに無いようなデザインにして欲しい…』と言う非常に難しいお題でした。
曲面で構成されるポルシェのボディはカラーリングをする際にも流れるようなラインで構成されることが多く、ポルシェのボディラインを全く無視したデザインをどのようにポルシェにマッチさせていくのかを考えていきました。

taga-1401.jpg

前へ前へ。ストレートに矢印で表現する「直線」のイメージ

先ほど書いたように流れる『波』のようなデザインはポルシェではある意味で王道。それ以外となると往年のマルティニレーシングなどのようなレーシングストライプ。そういったこれまでのレーシングカーには無いようなデザインをと試行錯誤して作り出したのがこの矢印。
同じ形の矢印をサイズのみ変更し、使用する色のバランスによってレイヤー(階層)を演出しました。もちろんレーシングカーですのでチームロゴ(スポンサーなど)が目立つことも重要ですし、雨や暗いレースでのマシン視認性も重要。これらレーシングカーとしての基礎や車両曲線などを考慮してデザインしていきました。

taga-1402.jpg

taga-1403.jpg

ショップ・デモカーも同じテイストで

完成したレーシングカーに合わせ、CREFのショップ・デモカーも同じテイストでグラフィックを入れました。同じテイストなので並べば統一感がありますが、イメージは全然違いますね。レーシングな雰囲気を出しながらも派手すぎない演出で日常的に使っても問題の無いレベルと言うサイズ感に注意して制作しています。

taga-1404.jpg

Special Thanks : PORSCHE JAPAN (PORSCHE CUP CHALLENGE JAPAN ASSOSIATION), CREF MOTOR SPORTspace20.jpg