TOP > Project > KTM

KTMが初参戦するGP3マシンをデザインする

2014年から日本のバイクレース・シーンに戦いを挑むKTM。KTMはオーストリアのバイクメーカーで、ヨーロッパなどではすでにモータースポーツの世界で輝かしい成績を収めていますが、日本のロードレースでは初となる戦いになります。
その貴重なGP3クラスへ参戦するチーム『ASPIRATION』さんのデザインと施工を行いました。

ktm-01.jpg

限られたスペース、そして複雑な面構成

ラップテックでは初めてとなるバイクのデザイン。バイクは面積が狭いのでスポンサー・ステッカーを貼るスペースと、デザインのバランスが難しいこと。そして平面のデザイン画ではなかなかデザインが難しいなど今までと勝手が違う部分がありましたがKTMの持つ直線的なデザインとコーポレートカラー、そしてレーシングマシンとしてのカッコよさのバランスに頭を悩ませました。

ktm-03.jpg

カーボンの良さを引き出し、PPFの施工でグロスを増す

完成した車両は各スポンサーデカールを貼り、その上からPPFを貼ることで剥がれや飛び石、汚れからボディを守るとともにクリアコートをしたようなグロス感でカーボン特有の輝きをより一層高めます。
フロントからのインパクトと三次曲面で構成されるカウルをどの角度から見てもきれいにまとまるようなラインに拘りました。

ktm-07.jpgktm-04.jpgktm-05.jpgktm-06.jpgktm-08.jpg

Special Thanks : ASPIRATION RACING TEAM, UKYO KATAYAMA, KTM JAPANspace20.jpg